Mihoko Love

ゴジラとガソリンスタンドで出逢ったら

イーストヴィレッジのローベジタリアン(Raw Vegetarian)のレストランでバイトをした後、折りたたみ式自転車プージョー(Peugeot)で、マリーナに留まっている家=ボートへ帰る途中のできごと。

自転車の後ろの荷物を直そうと自転車を止め、ふと見上げると、ガソリンスタンドに白っぽいワンボックスカーが止まっている。その隣にグレーのスーツですっくと立っている姿が目に飛び込んでくる。

なんと、松井秀喜選手ではないか!マネージャーらしき人も車の外に立っている。

驚いていた次の瞬間、松井選手自ら、ホースを引っ張り、車にガソリンを入れ始めた。わお。

その頃、ちょうど「地球の歩き方・ニューヨーク」のイラストを連載していて、松井選手を描いた後だった。とても下手だったので、申し訳なかったが、彼に報告した。お礼を言ってくれる。

テレビで見るより背が高い。当たり前か。

背が高いのに、圧迫感はない。包み込まれるような母親のようなエナジーだ。
白いマシュマロのような。

握手をする。

これは、ゴジラの手ではない。とてもやわらかく、あたたかく、繊細な手だ。バッドでできるであろうタコも感じない。

こんなにやわらかい手で、あんなに力強いホームランを何本も打てるのか?

彼の物腰はとてもソフトだ。朝靄みたいなふわっとして明るい空気をまとっている。口調も綺麗で丁寧で、ゴジラの「ガォー!」と言うイメージとは程遠い。ゴジラの「ゴ」の字も感じさせない。とても素敵な紳士的なひと。

 

「メディアの情報を鵜呑みにせず、できればすべてを体験したい。」

「勝手なイメージを描かず、実際の体験をもとに考えを述べたい。」

 

今回のゴジラとの思わぬ遭遇で、そう感じたのであった。まる。

Godzilla_hand.png
Mihoko Love 🦋

Photo credit: Godzilla poster 2016

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: